チュニックワンピースの着こなしや通販

esbooks.co.jp


チュニックとはラテン語の「下着」を意味するチュニカ[tunica]から派生した言葉とされます。現代では、
(1)ほっそりした筒形のシルエットの衣服全般
(2)同様のシルエットをもつ、腰下〜膝丈ぐらいまでのシンプルな形をしたジャケットやブラウス
(3)略式の丈の長い軍服
(4)カトリックの聖職者がミサのときに着用する丈の長い祭礼服
などを意味しています。日本ではチュニックのワンピースを、人よりいち早く手にするために、海外の都市まで行く人も少なくないのです。ブランドの本場、フランスの中心地にあるチュニックで手に入れた、ということもまた満足できるひとつの理由なのでしょうね。チュニックの人気の秘密のひとつに「価格の幅の広さ」が挙げられるのではないでしょうか。 "ここ数年で""チュニック人気""に火がついているようです。チュニックのワンピースばかりが引き立つのではなく、チュニックのワンピースを身につけることであなたの良さが引き出されるようになりたいですね。

実際にいろんな人の着こなし方をみていると、損をしているケースがよくあります。それは、後ろ姿で特に目立ちます。失敗しないポイントは、人(自分自身)の姿をシルエットとしてとらえること。服を選ぶ時に、色や柄やデザインについ夢中になってしまいますが、その前に、着た時のシルエットを想像してみましょう。「横縞は太って見える。縦縞は痩せて見える」このような効果をファッションに取り入れることが、上手なコーディネートにつながります。シルエットでは、体を胴と脚の2つとして見ますが、ファッションとしては、服ごとに分割して色やデザインを見ます。ウエストのサイド部分にひもを結んで、余ったひもを長く垂らすデザインのものは着こなしが難しく、本当に脚が長くてスラッとした体形の人向けです。そんな体形の人でも、ひもの垂れていない方がかっこいいものなのですが。この「端に視線を集める」は、ワンピースやフォーマルでは欠かせないテクニックです。


暖かくなってきたので、ワンピース一枚でもお出かけできそうです。ワンピースはデートでもオフィスでも可愛らしく見せてくれる洋服。着るだけで誰もが綺麗になれるおしゃれアイテムですね。ディテールの華やかさや体のラインが綺麗に見えるシルエットを選びたいもの。いざという時に可愛く見せてくれるワンピースは強い味方ですね。ひらひら揺れるタイプのワンピースは素材が重要、柔らかい素材と細身のシルエットのものを選んで女らしさをアピールしましょう。

カジュアルには色、柄で目を引くタイプとコットン素材で親しみやすさを演出しましょう。さあ、通販でいろいろなファッションライフを楽しみましょう。みなさんは、買いもののときに、何を決め手に商品を選んでいますか?流行でしょうか?ショップのディスプレイでしょうか?価格でしょうか?値引率でしょうか?後で「失敗したな」と思わないためには、商品に対する絶対的な価値観が必要です。ネットでの通販バーゲンでも同じです。ついつい値引き率に心が動かされていませんか?