セイバンの天使のはねのランドセルとランキング

esbooks.co.jp


セイバンの「天使のはね」は、子供さんの肩にかかる負担を軽減するために開発されています。従来のランドセルは、背中に隙間ができることで、後ろに引っ張られ、肩ベルトがずれてしまい、子供さんにとって背負いにくくなるのです。「天使のはね」を採用することで、肩ベルトが自然に起き上がり、ランドセルが背中にフィットし、楽に背負うことができるのです。子供さんの肩への負担を、大幅に減らすことができます。また、「天使のはね」により、肩と背中にかかる圧力を各部位に分散するので、ランドセルを軽く感じることができます。そして、小学校の6年間という成長期に、変わらず子供さんの身体に合うランドセルなのです。「天使のはね」ランドセルには、子供さんに人気のキャラクターランドセルもあります。「こころうきうきランドセル」は、背中部分がピンクで、かわいいシナモンロールやマイメロディ、ハローキティーなどの刺繍が入っています。色は、カーマインレッド、ビビットピンク、ライトピンクの3色です。

「天使のはね」ランドセルは、今ではセイバンの大人気商品となっています。大ヒット商品となった「天使のはね」は、3年がかりの研究で開発し、2003年に販売を開始しました。「天使のはね」は、肩に重さが集中するという従来品の欠点を改良し、肩ベルトの付け根のところを工夫しました。これにより、ランドセルを背負った時に、軽く感じるようになったのです。重さは720〜1,000g程度で、種類は100以上の商品があります。また、6年間ずっと垂直角を維持できる「せみね」というクッション形状を新たに開発しました。これにより、ランドセルをより軽く背負うことができるようになりました。さらに、肩ベルトの一部に、形状を保持するための「ひねピタ」というプレートを内蔵しました。これで、フィット感をさらに向上することができました。セイバンのランドセルに使われる、人工皮革などの材料は、人体に悪影響を与えないものを選んでいます。


2007年に行なったある調査によると、イオンのランドセルとか高島屋のランドセルを代表として、価格帯は、2万5000円〜3万5000円未満と、3万5000円以上の人が約4分の3を占め、意外と高めな結果でした。このような結果になった理由の一つには、ランドセルは贈答されるケースが多いということです。自分の子供さんに買う方は約25%程度で、ほとんどが、おじいちゃんやおばあちゃん、親戚の方がイオンのランドセルとか高島屋のランドセルなどをプレゼントするようです。

また、ランドセルを購入する場所の調査では、百貨店や量販店が圧倒的に多かったです。一方、インターネットの普及とともに、ネットショップで購入する方は、毎年増加してきています。さらに、ネットショップでは特典が付き、割引率が高いことが人気の理由のようです。ネットショップで同じものが安く手に入るのならお得ですね。これからランドセルを選ぼうと思っている方や、どこで買ったらいいか迷っている方にも、ランドセルを選ぶ手段として、以上の事柄が参考になれば幸いです。