ルミノックスのモアザンやナイトビュー等の時計

esbooks.co.jp


ルミノックスの時計は米海軍特殊部隊SEALsをはじめ、警察特殊部隊SWATや特殊戦闘機パイロットから、軍事目的とした腕時計に求められる数々の開発要請を受けています。極限の状況下で遂行される生命をかけたミッションに使用される腕時計は、瞬時に時間を確認できる「視認性」を持っていなければならない。その要請に応えられるタフで信頼できる腕時計が世界で唯一、ルミノックスだけでしょう。ルミノックスのすべての腕時計にはルミナイトシステムが採用されています。このルミナイトシステムがルミノックスの腕時計の最大の特徴です。ラテン語で「明るい夜」という意味をもつルミノックスは、他の腕時計と一線を画し、特殊軍用時計として揺るぎない信頼を勝ち得た存在として認識されています。現在では、ルミノックスの極めて高い視認性や耐久性、耐衝撃性によって、FBIやSWAT、シークレットサービス、沿岸警備隊、消防隊などでもルミノックスが重要装備品の一つとして供給されています。

ルミノックス・モアザン・ブラジーノ【LUMI-NOX × morethan BRANZINO】この特別限定商品はルミノックスのシリーズの中でも、最も新しく最高峰モデル「ネイビーシールズ 6100シリーズ」の特別限定商品だそうです。この特別限定モデルは、フィッシャーマン用として、特にシーバスフィッシングにターゲットを絞り特別に開発したものだそうです。それは、morethan BRANZINOのフィッシングロッド・リールに共通して使用されているカーボン素材が6100シリーズの文字盤の素材とも共通していることから、ベースモデルとして採用されることになったそうです。このルミノックス・モアザン・ブラジーノは、日本のフィッシング業界で最大手の釣具メーカーであるダイワ精工株式会社とルミノックスのコラボレーションで、約1年の歳月を費やしてシーバスフィッシング専用に開発されたそうです。このモデル、シーバスフィッシングに全く詳しくない者でも、是非とも欲しくなってしまう希少価値の高い限定商品です。


ルミノックスとは社名ではなくブランド名です。会社名は『リチャード・バリー・マーケティンググループ社』と言うアメリカの企業です。その時計部門の商品としての時計がルミノックスです。ルミノックスはリチャード・B・マーケティング社からの依頼でスイスのMBマイクロテック社などが製造しています。機械は全てクォーツ(電池式)で、機械メーカーとしては有名なハーレイ・ロンダ社の機械を使用しています。また、ルミノックスの最大の特徴である夜光ですが、これはトリチウム(3H)と言われる放射性物質が入っています。もちろん人体に影響がないように時計のガラスの内側で更にカプセルに封入されています。

そして日本用は925MB(メガベクレル)で他の国用は約1500MBです。この違いは明るさではなく、年数です。日本仕様の925MBは約25年間、1500MBは30〜40年間くらい光るようです。10年も使えば十分でしょう。そんなルミノックス、最近では映画やドラマでの使用も目立ちますね。