育毛シャンプーや石鹸とランキング

esbooks.co.jp


育毛は、シャンプーで決まるといってもいいぐらいです。どのようなシャンプーで、どのように洗うかで、育毛効果は違ってきます。次のような情報に気をつけましょう。(1)パラベンや指定成分をカットしたもの・・・カットしたからといって、毛は生えてきません。(2)自然の成分でつくられている・・・自然の成分だから毛が生えるという理屈もありません。(3)アミノ酸系の高級シャンプー・・・アミノ酸系でも、実のところ、石油由来の物がほとんどです。(4)石鹸シャンプーだから安全・・・石鹸だと頭皮のph(ペーハー)のバランスが崩れます。また、金属石鹸の問題もあります。(5)頭皮用シャンプー・・・これは便乗商品です。便乗が多いと選択に迷いが生じます。(6)「アメリカでは」という表現・・・この言葉だけで安易に信用するのも良くありません。中身が重要です。育毛に使うシャンプーは、次の条件を満たしている処方構成のシャンプーを選びたいものです。(1)細胞を攻撃しない。(2)頭皮や毛穴の中へ浸透しにくい。(3)皮脂を取りすぎない。そして、皮脂腺を刺激しない。(4)できるだけリンスやトリートメントを使わなくてもいい。(5)頭皮や毛穴の育毛環境を整える。

薄毛・抜け毛・細毛対策には、育毛剤を選ぶ前に、シャンプー選びが重要です。頭皮は、皮脂や汗、ほこりなどが付着して汚れます。大多数の方々が考える洗髪は、髪の汚れを落とすことに意識が置かれ、頭皮の汚れを落とすことには意識を置いていません。薄毛が気になる方は、頭皮の汚れをしっかりと取り除くところから始めましょう。育毛シャンプーとは、通常のシャンプーに髪の毛を育てることを目的とした成分がプラスされているシャンプーを総称して呼んだものです。また、最近では毛根に刺激を与える成分が含まれたものなども、多種類販売されています。頭皮用シャンプーの特徴は・・・(1)皮脂腺を肥大させない。(2)頭皮に浸透しにくい。(3)刺激が少ない。(4)感触剤がほとんど配合されていない。(5)頭皮に残留しにくい。


一方、市販のシャンプーの特徴は・・・(1)皮脂腺を肥大させてしまう。(2)頭皮に浸透しやすい。(3)刺激が多い。(4)感触剤がたくさん配合されている。(5)頭皮に残留しやすい。

市販のシャンプーの多くには、合成界面活性剤という、水と油をなじませるための成分が入っており、洗浄力を高めるためには有効になっております。しかし、高い浸透力とたんぱく質を破壊する作用を持つために、肌荒れや皮膚障害の原因になるという問題点があります。頭皮も肌の一部なので、薄毛の方にとって、シャンプーはより重要な要素であると言えますね。理想の石鹸として知られるエミーヌCナチュラルソープは、良質な植物性油(大豆油、ヤシ油、パーム油)を使用し、石油系のシャンプーと違って、頭皮を傷めることはありません。この良質な石鹸成分に、特殊な製法でエクセルキトサンを有効成分として組み込んであります。エクセルキトサンは、石鹸を泡立てると自身も泡となって、石鹸成分の泡と混ざります。汚れや皮脂は、良質な石鹸成分でしっかり落とされつつ、綺麗になった頭皮に、エクセルキトサンの超ごく薄ベールが形成されます。エクセルキトサンは、頭皮に潤いを与え、育毛のための環境も整えてくれるのです。