突発性発疹と写真画像

esbooks.co.jp


突発性発疹とは、ヒトヘルペスウイルスの感染で起こるもので、生まれて初めての高熱が突発性発疹であったという場合が非常に多いようです。生後6ヶ月から1歳くらいまでにかかることが多く、99%が1歳までにかかるそうですが、稀に2歳をすぎてからかかる場合もあります。季節を問わずかかる病気ですが、季節の変わり目に多くみられる傾向にあります。突然39度くらいの高熱が出て、3〜4日続き、熱が下がると小さな赤いブツブツした発疹が全身に出てきます。発疹には、かゆみはほとんどないそうです。発疹は大抵2〜3日でおさまり、あとも残りません。高い熱が出るわりに元気であることが特徴です。38.5度以上の高熱が続いた場合は、念のため受診した方がいいかと思います。また、熱性けいれんを起こした場合や、38.5度以下でもぐったりしていたり、元気がない場合は他の病気であることも考えられるので、受診をおすすめします。水分補給を十分にして家庭で安静に過ごすようにしましょう。

突発性発疹は、生後4か月頃から1歳までに多くみられるウイルス感染症です。典型的な症状は、突然39〜40度の高熱が3〜5日ほど続くことです。高熱のわりに比較的元気でいるのが特徴です。熱が下がってくると回復間近で、体や顔に赤い発疹が出てきます。かゆみはなく、数日で跡を残さずに消えます。まずは、かかりつけのお医者さんの指示にしたがい、安静に努めましょう。食事は消化の良いものにし、こまめに水分を与えて脱水を防ぐことが大切です。熱に対しては、体を冷やします。水分がとれず活気がない、熱が5日以上続くなどの場合には、再度かかりつけ医を受診したほうが安心です。突発性発疹には予防接種がありませんが、ほかの病気の予防接種を受ける場合は、完治してから2週間はあけて行いましょう。お母さんは、赤ちゃんが初めて出す高熱にあわてるかもしれませんが、高熱への対処の仕方を学ぶ、よい機会かもしれませんね。


突発性発疹は三日発疹ともいい、生まれて4ヶ月から2歳くらいまでの乳幼児がかかる病気です。乳幼児の子どもの90%が1歳までに、2歳までに98%が罹患します。病気の季節は特になく一年中かかる可能性があります。突発性発疹は病気ですが、熱はでても機嫌はよく体の状態は良好です。熱が3,4日出た後には発疹がお腹や背中に出ますが、それも3,4日で消えます。

突発性発疹の事前診断は困難で、熱がおさまり発疹が出て突発性発疹とわかることがほとんどです。心配なときは、写真や画像を検索できますので、どの種の発疹であるのかを確認すると、安心できますね。基本的にはお風呂で入浴なども大丈夫で、そんなに心配する必要はないようです。自然に治る病気が突発性発疹なので、水分補給や熱を冷ますなどの対処をすれば充分のようです。