GUCCI(グッチ)の時計と修理

esbooks.co.jp


1921年にグッチオ・グッチがフィレンツェに創業したグッチ。ヨーロッパの先端都市の文化を取り入れた高品質の革製品を提供したグッチの店は、すぐに人気ショップとなりました。フィレンツェでの成功に続き、1938年にはローマへ出店。さらに1947年にはグッチを象徴するバンブー・ハンドル バッグが誕生し、その後ウェビング・ストライプのバッグや、メタル・ビットのモカシンなども次々と誕生。その人気と規模を拡大させていきました。グッチは「最上の伝統を最上の品質で、過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとしている。グッチオ・グッチの考案した、自らの頭文字をあしらったダブルGのモノグラムはあまりにも有名。常にブランド界の中心にいるGUCCI。人気の理由としては、ブランドなのに嫌味がなく、様々なシーンで使用出来る事だろう。少し背伸びをすれば十分届く価格設定になっているので、是非この機会にGUCCIの時計はいかがですか。

グッチ(GUCCI)の時計は誰もがあこがれるブランドアイテムのひとつです。現在では時計、香水、アクセサリー、洋服など様々な製品を取り扱っています。グッチの時計にはシルバー、ゴールド、ブラック系の落ち着いた色の時計が多いですね。また時計のデザインもシンプルなものが多く、大人っぽい優雅な雰囲気を醸し出しています。中にはグッチのロゴマークだけで文字盤に時刻を表す数字すらない時計もありますが、逆にこのシンプルさがグッチブランドの人気を引き出しているようです。グッチの時計の中でも女性に人気が高いのがブレスレット感覚で手首につけることができるバングルタイプの時計です。グッチの時計のバングル部分もシルバーやゴールドを基本色とした派手さのないシンプルなデザインであり、ビジネスの場面でも十分通用するアイテムとなっています。このように大人の世代に人気の高いグッチの時計ですが、チェンジベゼルの時計などは若い女性にも人気です。


GUCCIの時計の修理、電池交換はどこでするのかご存じですか。GUCCIの時計を使っていて困るのは、電池交換や修理をどこに出すかということですね。購入先が近くにあればそこに出せばいいのですが、インターネットや量販店で購入した場合どうしたらいいか困る人も多いのではないでしょうか。GUCCIの時計の場合、電池交換なら職人さんのいる時計店であれば、正規代理店でなくても大丈夫です。しかし、GUCCIの時計は電池の種類が異なる場合があるので電池の在庫がないとお取り寄せという形になります。

また、GUCCIの時計は裏蓋のあけ方が少し異なるので、専門職人がいないお店は避けるのが無難です。分解掃除(オーバーホール)は、4年に1回行うのが理想ですが、GUCCIの時計の分解掃除には3万円ぐらいかかります。GUCCIの時計は、ブランド時計の中では比較的安価な価格帯で購入できるので、メンテナンスして長く使うか、いっそのこと思い切って新しいGUCCIの時計を購入するか、と悩みますね。