ドラえもんと動画

esbooks.co.jp


ドラえもんとは、藤子・F・不二雄によるギャグ漫画・SF漫画、および作品に登場するキャラクターの名である。何をしても駄目な小学生、野比のび太と、22世紀から彼のもとにやってきたロボット・ドラえもんの日常生活を描いた作品である。典型的なプロットは「のび太の身にふりかかった困難を、ドラえもんから貸し与えられたひみつ道具で一時的に解決するが、その後その道具を不適切に使い続けた結果、しっぺ返しを受ける」というものである。 1969年より、小学館発行学年誌の一部(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)にて連載開始した。いずれも1970年1月号で、当時の作者名義は「藤子不二雄」。1話ごとに完結する短編として執筆。動画(どうが)とは、動いている画像。なお、動かない画像は、単に画像と呼ばれるか、動画と特に区別する必要がある場合、静止画と呼ばれる。 多数の(時系列を細かく分割した)画像を高速に切り替え続けると、人間の視覚にはそれが連続的に見える、と言う特性を利用したものである。

2004年11月22日に、翌2005年4月から声優陣が一新されるという正式情報が流れたのは、同日付けの朝日新聞一面に書かれた記事からであった。その他の報道機関は全くの寝耳に水の話で、この記事を見て、その日の朝の情報番組で紹介するという有様であった。(当のテレビ朝日もドラえもんに携わっているスタッフ以外誰も知らず、この朝日新聞の記事で知ったという社員が多数であった)その後、朝日新聞以外の、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞が朝日新聞の報道のあった11月22日付けの夕刊に、産経新聞(東京本社版)と主要スポーツ紙が翌日の2004年11月23日付けに掲載となった。また、テレビ朝日内での案件にも関わらず、他の民放各局やNHKも突然の発表で時間を割いて報道した。テレビ朝日でも情報番組やANNニュースで報道、局の垣根を超えたアニメ番組であることを認識させる一日であった。


ドラえもんの最終回というのは存在しません。『さよならドラえもん』はドラえもんが突然帰らなければならなくなります。ドラえもんはいなくなったあとののび太を心配します。そのことをのび太に告げると「大丈夫」と虚勢を張るわけです。そのあとのび太はいつものようにジャイアンにいじめられるのです。そこでのび太はいつものようにドラえもんに助けを求めようとします。しかし「だめだ、ここでドラえもんに頼っては、安心して帰れないじゃないか!」と思い直し、ドラえもんの道具に頼らずいくら負けてもジャイアンにかかっていきます。

いつまでも帰ってこないのび太を心配してドラえもんが見に来たときには、ジャイアンが「わかった。俺の負けだ」と言うのです。ボロボロになったのび太は言います「ほら大丈夫だろ?安心して帰れるだろう?ドラえもん・・・」と、ドラえもんはそんなのび太を寝かしたあと、ひとり涙し帰っていくのです。そしてのび太が起きたときにはドラえもんはいなくなっていました。