BODYMAKERの筋肉トレーニングとダイエット

esbooks.co.jp


BODYMAKER(ボディーメーカー)は、筋力トレーニングが中心のメーカーですが、フィットネス用品もありますので、ダイエットも期待できます。BODYMAKER(ボディーメーカー)のダイエット用品の中でも特にオススメなのが、「スリムシェイカー」です。BODYMAKERのスリムシェイカーは、ステップ板が揺れることで、太腿やお腹をはじめ、全身に振動を与えるトレーニングマシンです。約10分間乗っただけで、心臓機能に負担をかけずに、1時間のウォーキングに相当する運動効果が得られるので、ダイエット目的のシェイプアップや筋力アップなどに効果的です。BODYMAKERのスリムシェイカーは、揺れ方のパターンや、強弱、時間が、設定・調節可能です。短時間でいつでも好きな時に、手軽にダイエットトレーニングができるので、運動が苦手で長続きしない人にもオススメです。BODYMAKERのスリムシェイカーは値段が少し高額ですが、たまに半額以下で販売されている場合もありますので、かなり安く購入できるチャンスもあるかもしれませんね。

筋肉というと、ボディービルなどのマッチョなイメージが強いと思われておりますが、それだけで筋肉を語るのはもったいない話です。私達の身体には、まだまだ使われていない筋肉がたくさんあります。毎日、筋肉を使うことによって、健康にも身体にもよく、さらには、筋肉を鍛えることによって、ダイエットの効果もあります。効率良く筋肉を鍛え、美しい身体作りをしていきませんか。筋肉トレーニングは、筋肉の部位によって、鍛え方はさまざまです。筋肉トレーニングは、リバウンドのないダイエットの方法とも言えます。男性の場合は、速筋と呼ばれる筋肉を鍛えることで、より男性らしい体型になります。女性の場合は、遅筋と呼ばれる筋肉を鍛えることで、より女性らしい体型を作ることができます。さらに、一般男性や女性だけではなく、スポーツとしての筋肉トレーニングもあります。また、筋肉を鍛えることで、いろいろなメリットがあります。筋肉を鍛えていると、高齢になっても若々しく、健康で長生きすることができるのです。


有酸素運動とペアで行うと効果的なのが筋肉トレーニング(通称「筋トレ」)です。体内の筋肉量を増加させると、基礎代謝量が増加し、脂肪が減少しやすくなります。また、筋肉を鍛え、筋肉量を増やすには、ダンベル、マシン(機械)トレーニング等、いろいろあります。ここで2つの方法をご紹介しましょう。

パターン1・・・トレーニングの後は、低脂肪で蛋白質の多い食事をとり、睡眠をよくとること。
パターン2・・・低脂肪で蛋白質の多い食事をとった後、消化がある程度始まったら、トレーニングを実施すること。
上記2つの方法は、運動時や睡眠中の成長ホルモンの高まりが、蛋白同化を高めてくれ、筋肉量を増やすのを助けてくれるのです。トレーニングは、日常生活より少し身体に負荷をかけることになりますので、軽度な内容から始め、徐々に高度なトレーニングに移っていくようにした方がよいでしょう。