bebeの子供服

esbooks.co.jp


子供服とは、子供用に考案・製造された衣料品のこと。ここでいう子供とは、衣料表記上16歳未満、身長160センチ以下(実質上は小学生以下)の者のことを指す。『大人とは異なる子供服』という、年齢により区別される衣料が開発されたのは身分制度が解体した17世紀以降のことである。子供服の多くは、子供らしさや可愛らしさを前面に出したコンセプトでデザインされた。「大人のファッションの楽しさをそのまま子供服へ」というコンセプトのもと、子供たちに夢や愛する心を伝えたいという想いから、業界の常識を打ち破る、(株)べべ 独自のスタイルが生まれました。しかも、「親の厳しい目を納得させる服づくり」をテーマに、着心地・洗いやすさ・丈夫さなど、子供服としての品質にもしっかりとしたこだわりを持ち、機能性への気配りも忘れていません。子供服の常識を破ったブランドでありながら、品質面でも常に基準以上を目指していることに株式会社べべの秘めた情熱があるのです。

芸能人がお店よく出しますよね。千秋の子供服「リボンキャスケット」も注目しています。千秋のセンスは、買っています。だから、千秋の子供服もすごく興味があります。でもあんまり大きくして欲しくないですよね。適度な感じで千秋の子供服、展開していって欲しいです。コンビと千秋のコラボの「リボンキャスケット」両親が子供に着させたいブランドではなく、子供自身が着たいものというコンゼプトのようですよ。今は子どものお洋服、いっぱいありすぎて困りますね。あんまり人ともかぶりたくないし。千秋の子供服も少量生産がほんとにいいのに。友だちのママが千秋の子供服でねらっているのは、Tシャツ☆パロディーものだけど、かわいいよ。子どもも好きそうなデザインでした。多才な千秋は、いつ子供のお洋服のデザインとか考えているのだろう。リボンキャスケットのオーガニックシリーズもとてもいい感じ。千秋の子供服ますますかわいいお洋服登場しますように。他にもファンになれそうな子供服今のうちから探しておこう。


千秋が、子供服のコンビのCMに出ていますね。これは千秋が藤本千秋としてリボンキャスケットという子供服ブランドをコンビと立ち上げているからなのです。しかも、ものすごく評判が良いみたい。リボンキャスケットの価格は、2,000から4,000円台で、高価格な子供服としては、良心的な価格です。

また、お母さんと子供がおそろいで着られる服もたくさん取り揃えているところも人気の秘密とか。かわいかったら、おそろいで着たいですものね。自分が母親になった時に「子供服は高いなぁ」と思ったらしく、だったら自分でカワイイ子供服をデザインして、お手頃価格で売りたいと思ったところから始めたのだとか。子供服そのものの良さと抜群の知名度でかなり売れているそうです。「子供服は高いし、子供がすぐ大きくなるから買い替えが早い」という声は確かによく聞きますね。子供服をお探しのママは リボンキャスケットは要チェックかもしれません。